その造型は魂にも似て

表紙

掲載ページ

小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿中。全四章。約250KB。

↑掲載ページへ

About(概要)

幻料(ファテ)
適性を持つ限られた人間のみが“なんとなく”知覚出来る、物質ともエネルギーともつかない素材。
これを用いて特殊な能力を奮う創作家(クリエイター)と呼ばれる者たちを中心に
物語は紡がれていきます。
ある理由により『史上最低の出来損ない』との烙印を押された少年の意地とは?
才能とは、努力とは、夢とは何か――?

蒸気機関が発明され、文明が大きく様変わりした時代をモチーフとした
いわゆる能力モノのオリジナルファンタジーノベル。
影法師のシナリオ担当・道化屋が
2012年夏のコミックマーケットにて発表した
『その芸術は理解されない』という作品の再録です。
一部の用語やキャラクターの性別に変更がありますが、
ストーリー自体の変更はありません。

サークルページへ
『その造型は魂にも似て』を構成する素材の著作権は、一部を除き製作者に帰属します。
著作者の許可無く複製、転載、配布する事を禁じます。